JPMザジャパンやヒオキとは違った動きの仕手株

投資をする時にJPMザジャパンのように、投資信託に手を出してみようかと考えている人も多いのではないでしょうか。
自ら運用するよりもプロに任せたほうが安心と考えるのも、おかしなことではありません。
JPMザジャパンのようにリスクが高いかわりにリターンも大きいというものであれば、満足の行く利益を期待することができます。

ある程度慣れてくればJPMザジャパンのようにプロに任せるのではなく、ヒオキのような東証一部のしっかりとした銘柄を選んで、自ら運用をするという方法もあります。
ヒオキのような銘柄であれば、ボラティリティもある程度あり上手に運用をすれば、投資信託よりも高いリターンを期待することができます。
ヒオキのような銘柄であれば、ある程度値下がりをしてしまっても値が戻ってくるのを待つという選択もとることができるので、比較的投資をしやすい銘柄となっています。

そして、最もリスクが高いのが仕手株であり、これは元々業績など関係なしに人為的に株価が吊り上げられたものとなっているので、企業の実態とそぐわない株価になっているため、仕手株を仕掛けたグループがいなくなればたちまち株価は急落してしまうことになります。
しかし、グループが抜けるまでは株価が上昇するものであるため上手くその流れに乗ることができれば、大きなリターンを得ることもできるのが仕手株となっているのです。
ただし現実的には多くの投資家がさらなる上昇を期待して買ったところが、天井ということになり無価値な株を高値で掴まされてしまうことになるため、仕手株はできるだけ手を出さないかあるいはほんとうにごく僅かな資金で損をしてもそれほど痛手のない金額で参加をするようにしましょう。