仕手株の仕組み

株価が短期間で何倍も上昇し、その後、元の株価水準に戻る株は仕手株の可能性が極めて高いです。
出来高が少なく、株価の値幅が小さく、投資家があまり注目しない株は仕手株として良い条件といえます。
仕手株の仕組みは出来高の少ない株をあまり株価が上昇しないように少しずつ購入し、株を増やしていきます。十分に株を購入したときに、その企業の良いニュースが流れたことをきっかけに大口で購入をします。
出来高が少ない株のため、売りも少なく、大口の買いをすると株価が急上昇します。
株価が急上昇することで、多くの投資家の目にとまり、提灯買いによって、さらに上昇します。
その間に少しずつ売却して、利益を出します。
また、仕手株と見切った投資家が空売りを仕掛けてくることがあります。
それでも買い続け、空売りをした投資家が損失買いをすることになれば、株価はさらに上昇し、仕手株を仕掛けた投資家は大きな利益を得ることができます。
さらに、今度は逆に空売りを仕掛け、株価が急上昇する前に戻れば、さらに大きな利益を得ることができます。
しかし、仕手株を仕掛ける投資家は株を買い集める時期や大口の購入をしたときに、多くの投資家に仕手株と気付かれ、提灯買いではなく、空売りを仕掛けられ、株価を上げることに失敗することがあります。
そのなると、出来高の少ない株を大量に保有しているので、大口の売りを出せば株価は大きく下落します。
それによって大きな損失になります。
仕手株は一日の株価の変動が大きいため、短期的に利益を得ようとする投資家にとっては魅力ですが、売買のタイミングを間違えると大きな損失になります。
特に企業のファンダメンタルズと関係なく、株価が乱高下するため、リスクは大きいといえます。

仕手株の見分け方

世の中には仕手株をやって大儲けをしてる人がいます。ある意味、仕手株は職人技とでも言えるのですが、素人が仕手株に手を出して大損してしまうことが多いのでできることなら見分ける力を備えたいものです。
仕手株というのは、資金を持ってるプロが株を買い集めて、株価が大きく上がったところを狙って一気に売りさばいて儲けることができる株のことを言います。
実際に株価が上がる材料(好決算、新商品の開発など)がある状態で買い手が増えて株価が上がるのは自然のことです。
ですが、少しずつではなく一気にあがってストップ高になったり、株価の動きがおかしい場合は仕手株化されてる、と判断します。
仕手株を見分ける方法は、株式売買を専門に教えてくれる学校や講習会に行くと理解しやすいです。
チャートで見分ける方法がありますが、素人からの視線ではチェックしきれないことがありますので、専門家のアドバイスを受けるほうが確実です。
チャートでは、見た目では数日から数カ月ほどほとんど株価が動いてないのが特徴です。
好材料がいくつか出ていて、株価が上がって良さそうなのに上がっておらず、上がりそうな場面でも売り気配が強く、株価上昇を抑えらてることがしばらく続いて、後からドッカーンと上がり出すことがスタートになります。
一気に上がったことが注目され、「ここは明日も上がるかもしれない」と思って買い出す人が増え、株価上昇が続いたころに一気に売りだされてしまう、という動きです。
売り出される前に手放した人は利益確定できるかもしれませんが、少し下がったところで「押し目チャンス」と判断して買ってしまい、その後に一気に下がって大損してしまう人が多々います。
危ない株に手を出したくありませんが、見極めや見分け方の目を養って「負けない投資」をしましょう。

仕手株の探し方

仕手株は値動きが激しいことから、利益を短期間で得られる方法ですが、どのようにしたらして株を探せるのでしょうか。
通常の値動きは数パーセントですが、仕手株は一割以上値動きがある場合も多いのが特徴で、一回の取引でも大きな利益を得られます。
仕手株はなるべく早く発見することが大切で、早ければ早いほど利益が得られやすく、すぐにタイミングを逃してしまって仕手株ではなくなってしまいます。
仕手株にはいくつかの探し方があります。
ひとつはニュースになっている会社を探すことです。
良いニュースだけではなく、悪いニュースでも短期間に大幅に値下がりした後は反発するので、そのタイミングを選べば利益が得られます。
その他にも仕手株を身近に確認できるところでは値段が低いことです。
株の値段が極端に低い場合には一円でも動くだけでも値幅が大きくなるので、短期的にも利益を得られる可能性があります。
値動きのランキングを見るのも良いです。
出来高によってもすぐに値動きをしやすいので、出来高も調べてみましょう。
株式サイトでは株式の値上がりや値下がりランキングが発表されているので、そのランキングをチェックしながら株式を購入したり、売却してみましょう。
それらの情報を常にチェックしておくことが探すコツです。
仕手株は値動きが激しいので、なるべく早く発見して後追いはしない方が良いです。
特に悪いニュースが出ている場合には徐々に株価が下がってくることもあるので、早めの手を引きましょう。
仕手株は常に動向をチェックすることが大切です。
一日に何回も取引をするデイトレーダーには向いている方法ですが、あまり市場や株価の状況をチェックできない場合にはリスクがあります。
仕手株情報を無料公開!まとめサイト
投資顧問を探すならここ